LINK

よくクレジットカードの限度額が所有者が日々決済する金額よりゆるめになっていると顧客は大丈夫だと誤解し考えずにクレジットカードで支払ったりするものですね。

そのようなクレカ使用の危険を抑制するためにカードの上限額をよく考えて減らし気味に決めておこう・・・というお勧めが、これから記す文の主旨です。

月ごとの限度額を下げる方法▼カードの月の利用限度額を減らしておく手順は月の利用限度額の引き上げやり方とともに、すごく便利です。

お手元のカードの後ろにプリントされている番号にダイヤルして「月ごとの限度額を引き下げたいんですが・・・」とエージェントに対して申請するだけです。

だいたいは今の利用限度額より少なければ調査なしでその場で申請が完了します。

限度額を少なくするのはお金を守ることに結びつく●上限を減らしておくことは節約等の効果だけではなく防犯対策にもつながります。

もし仮に、あなたのカードが悪意のある人物に悪用されてしまったとしても、前もって契約カードの月の利用限度額を低めにしておけば害を最小限にとどめることもできるからです。

覚えておいてほしいのは、仮に乱用されたことがあったとしてもクレジットカードの保有者に明らかな過失がない限り盗難保険と呼ばれる保険が契約者を守ってくれるわけなので心配はないのですけれど、もしものことを考え、多めの限度額は低くしておくと効果があるでしょう。

使いもしない限度額は良くないことなんです。