LINK

日刊紙の折込広告、スポーツ新聞紙、街中に配布された宣伝広告やダイレクトメールなどで、「借金の整理整頓手伝います」「多重借金をまとめたくありませんか」という内容の広告を見かけることがしばしばです。脱毛するべき

そういったものは、「整頓業者」「買取専門人」「紹介業者」という通称の悪徳業者の嘘広告のときがあります。

こういったものを依頼した場合には自己破産の中で一番重要な免責許諾を受けられなくなる危険があります。

「整頓屋」は宣伝などで借金のある人をおびきよせ、料金を請求して債務整理をしますが、現実には債務整理はされず、依頼者は一層の借金地獄にはまってしまう結末がほぼすべてと思われます。

「買取専門人」では依頼者のクレジットで、電化用品、チケットなどをいっぱい注文させて、その品物を購入額の10%や額面半値で買取るという手法が知られています。

一時的には金が増えますが少しすればクレジット会社からの商品の売値の請求がくることになり、結局は負債額を増やすだけです。

このケースだとクレジットカード会社への詐欺行為ということになって免責承認を受けられなくなります。

「紹介者」は金融業者から拒絶された債務者へ業者としては融通は一切せずに、融資をしてもらえる貸し手を呼んで、高額な手数料を請求する企業です。

つなぎ屋は高度な苦労で資金提供してもらったかのように説明しますが本当のところは何もしておらず、審議の緩やかな業者を伝えているというだけなのです。

このケースだと実際のところ債務を増やすことになります。