LINK

愛車を手放す際や、車両の処分の時も印鑑証明という書類が必要です。ラーメン二郎 京成大久保店

それではこの印鑑証明について説明しましょう。http://www.sakusakura.jp/

印鑑証明というのはある印鑑が実印として認められているという事実を証明するための正式な書類です。レモンもつ鍋

この書類がなければ、その印鑑について実印であるかどうかが裏付けられません。クリアネオパール

大きなお金が動く売買になる車両の売買ですので、実印が要ることになりますがその時に印鑑証明というものが出てきます。不定時法

この印鑑証明をつくるにはまずは印鑑証明の手続きをしなければなりません。エクラシャルム 効果

登録する印は普通、実印と呼ばれ同じものが二つとない印鑑であることが条件です。

実印を手配して、お近くの市町村役場の取次ぎ所に行くことで印鑑登録できます。

印鑑登録をすれば、印鑑登録カードなるものを発行してもらえてそのはんこは実印ということになります。

印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を交付してもらうためには、役所の案内係で、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を書き込んで印鑑登録カードを提示するだけで大丈夫です。

他にも自動交付機でも印鑑証明を発行することができます。

印鑑証明そのものには有効期限などはありません。

なのでいつ取得した印鑑証明でも効力はあるということになります。

ですが車売却のときには、必要になるのは三ヶ月以内に発行されたものでなければ無効になります。

普通は期限を定める必要はないですが車両の買取のときには、買い取り先の業者が必須となる有効期限を定めていますので買い取り予定の車がある場合は買い取りが成立する前に手元に置いておくことが望ましいです。