LINK

どこにでもある経験の浅い方向けの外為のテキストでは、「マイナスになった場面ではナンピンすることで、平均の価格を下げることができる」と助言されていますが現実的にはナンピンには相当大きな罠があると考えます。エスケーツー 値段

とりあえず、ナンピンの手法について易しく述べます。フリーターも住宅ローンが組める?審査基準甘い銀行!【おすすめは?】

一例として100円で1ドルを買ったとします。サウナダイエットの痩身効果?サウナより岩盤浴がダイエットできる!

ドル買いのため円安に動くほど利益を得られますが、思っていたのとは逆に1ドル=95円まで円高・ドル安に振れてしまったとします。美甘麗茶( 定期購入の気になる解約条件、解約方法とは?

そのままの場合持ち続けたとしたら、損がなくなるまでには、マイナス分、円安が進まなければなりません。カルド神楽坂 体験レッスン

誰でも、損失は出来るだけ早く0にしたいと思います。税理士 大阪 費用

このため最初にエントリーしたのと同じ量の$(ドル)を1ドル=95円で買い増しする。結婚前調査の内容

それによって、ポジションの価格は97円50銭まで低くすることができる。キレイモ新潟

すなわち、2.50円の幅で円安に推移すれば、損を取り戻す事が出来ます。

それが、ナンピンの仕組みです。

こういうふうに、ナンピンの理屈を知ると「もっともだ」と考えるが、為替はそう易々と思った通りにはなりません。

元々、95円が底だということなどなんびとも想像できません。

例として、市場がかなり強いドル安基調だとすれば、95円ではとまらず、更に一段の円高が加速する可能性は高いです。

ひとつの例として、1ドル97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず、95円までドル安になったら、ナンピンしたポジションにも損失が生じてしまいます。

そういう状況では一番初めに売買したドルとトータルで、より大きな差損を被ることになります。

このように、ナンピンは一筋縄でいきません。

それなら、為替が自分のストーリー展開とは別の方向にさっさと進む場合、どのような方法で危機を避ければいいのでしょうか。

そこで取れる対策は多くはありません。

まずはじめは執着しないでポジションを諦める事です。

もうひとつはその時点で、自分が持っている買いポジションを少なくする事によって再び為替が回復するのを大人しく待機する事だけです。

だいぶ消極的な対策だと言う人もいるでしょう。

だが、自分の持っている買いポジションにマイナスが生まれた時、一番正しい術はこの2つ以外にはないです。

なるほど、考え方としては、ナンピンするという術もあるように思える。

だがナンピンは、自身が損をしている場面で、買いポジションを縮小するどころか反対にポジションを増やしていく方法です。

これでは、危険性を削減することなどどこをどうやっても無謀だと思ったほうかいいだろう。

ナンピン買いを続ける事ができればやがては損失が回復するかもしれません。

だがしかし、その前にお金が足りなくなってしまいます。