LINK
特定調停という方法も任意整理による手続きと変わりなく、それらの貸し手への返金を継続することを選択した債務整理の方法になります。分かりやすく説明すると裁判所が間に入る借金整理と考えることができます。特定調停による方法も任意整理による手続きと似ていて破産申告と違いある部分だけのお金のみを処理することが可能なため他の連帯保証人が付いている負債額以外だけで整理したい際やクルマのローン以外だけを処理したい場合なども検討することも可能になりますし財産を手放してしまう必要がありませんので不動産などの自分の資産を所有していて放棄してしまいたくない状況であっても活用可能な債務整理の手順となっています。いっぽうで、今後の返済金額と現実として可能な給与等の収入を比較検討して、適切に返済の目処が立てられるのであればこの特定調停による手続きを進めていくことに問題ありませんが自己破産手続きとは違って返済義務そのものが消えてしまうというわけではありませんので、量がかなりになる場合には、実際問題としてこの方法で手続きを実行するのは困難になるということがいえるでしょう。また、この方法だと司法機関が間に入るため司法書士等に関わってもらわなくても不利な立場に立たされる心配がないという点やお金を低くおさえられるという点がありますが債権者それぞれの督促に対して回答する必要がある点とか実際の裁判所に何度か行く必要があるという注意点もあります。さらに、任意整理による解決と比較すると調停にて和解に達しないといった場合は求められている利息をすべて含めた状態で支払っていくことが求められる点や最終的に貸方に返済していく合計額が任意による整理の場合と比較して割が合わないことが多いといったデメリットもあります。